セレクトショップからアウトドアと自然が身近にある暮らしを提案

NATURAL ANCHORS

2015年4月に善光寺門前にオープンした「NATURAL ANCHORS(ナチュラル アンカーズ)」。
路地裏にあり、自分だけの隠れ家を見つけたようなワクワクした気持ちを与えてくれるアウトドアセレクトショップです。

DSC06383
善光寺の東側、長野市岩石町の細い路地にある「NATURAL ANCHORS」。築70年以上の美容室だった建物を改修しました。

営むのは、ロッククライマーとして海外で過ごした経験ももつ長野市出身の戸谷 悠さんと、結婚を機に出身地の東京から長野に移り住んだ妻の晶子さん。

「年2回、海外に買い付けに行き、珍しいもの、自分が気に入って理解したものを仕入れるようにしています」と悠さんが話すように、店内には日本では手に入らない限定商品や日本未発売のものなども含む、こだわりの登山ギアやキャンプ用品、アウトドアウェアなど幅広い商品が並びます。

リノベーション03
本格的なアウトドア用品のみならず、日常使いができるアイテムも揃う店内。1つひとつ納得して選んだものばかりです。
DSC06426
海外への買い付けは悠さんが担当し、内装やディスプレー、印刷物などの販促や広報は、学生時代にデザインなどを勉強した晶子さんが担当。
DSC06427
テント、ギア類は、トレンドのウルトラライト系も多く揃います。
DSC06506
吹き抜けの空間。天井の一部にはボルダリング用のホールドも。

悠さんとクライミングとの出合いは学生時代。大学進学を機に上京し、近所にクライミングジムがあったことから通ってみると、思い通りに登れない難しさやパズルゲームのようにルートを組み立てていく面白さに魅了され、すぐにのめり込んでいきました。

 卒業後はカナダやニュージーランドでロッククライミングに専念。帰国後も東京と海外を行き来しながらクライミングを続けていましたが、29歳だった2007年、家庭の事情で長野市の実家に戻ります。

すると、山登りやスキー、スノーボードを楽しめる環境が整っている長野のフィールドとしての魅力に改めて気づくと同時に、北信(長野県北部)には山岳用品店を扱う個人店が少なくなっていることも残念に思うようになりました。

 そこで、2011年に結婚した晶子さんと「ゆくゆくは山道具を扱うお店をやりたい」と考えるように。そして、門前で開催されている空き家見学会に参加し、そこでの縁でつながった空き家専門の不動産業を営む株式会社MY ROOMの倉石智典さんに相談。紹介してもらったのが今の物件です。

 「まちと自然、どちらのフィールドにも近く、あえてすぐには見つけづらい静かな場所でゆっくりとお客様と向き合えるお店をつくりたいと思っていたので、ひと目でここに決めました」
(晶子さん)

リノベーション01
建物の基礎や下地はプロの建築事務所に任せましたが、ほかの多くの部分は友人たちにもお願いし、3カ月ほどかけて仕上げていきました。

こうして、2015年4月10日にオープン。こだわりの品揃えはじわじわと評判になり、イベント出店やSNSの積極的な活用もあって、今では県外からも来客が見られます。

加えて「クライミングジムで集まって登ってみよう」という「MEET-UP! Cilmbing!(ミートアップクライミング)」や、パラコード(パラシュートコード)を使ってアウトドアアクセサリーをつくるワークショップを月に1〜2回のペースで開催したり、2016年からは身近な自然に出かけてお客様とさまざまなアウトドアツールを使い、アウトドアシーンで心地よく過ごす方法を学ぶ「sotoclass(ソトクラス)」という企画なども進めています。

ミートアップクライミング01
楽しんで登ること、セーフティーに登ることを目的に不定期で開催されている「MEET-UP! Cilmbing!」。毎回3〜4人の参加者はホームページとfacebookで募集をしています。
パラコード2-700x700
カラフルで丈夫なパラコードを使ってマクラメ編みのブレスレットをつくるワークショップ。バックル部分がホイッスルになっており、ブレスレット部分はほどいてロープとしても利用ができるため、アクセサリーと防犯やアウトドアなどでの緊急用として利用ができるすぐれものです。
sotoclass02
自然に囲まれた長野市の環境を生かした“屋外で体験する授業”「sotoclass」。悠さんをはじめ、門前界隈でつながりのある珈琲店や宿の店主が“担任”となり、アウトドアシーンでの珈琲の淹れ方やテントの張り方、料理などを教えます。

こんな風に、店を始めてからさまざまな取り組みによって門前で暮らす人たちとの交流が深まったという悠さん。さらに、周辺のアウトドアショップの店員やガイドなども足を運んでくれるため、クライミング分野以外のつながりが広がったことも楽しいと話します。

「アンカー」とはロープクライミングの際にロープを掛ける支点のこと。「ナチュラルアンカー」は岩を傷つけないアンカーのことで、悠さんはクライミングや山登りをする人には、フィールドをきれいに使ってもらいたい思いも伝えています。
「アンカー」とはロープクライミングの際にロープを掛ける支点のこと。「ナチュラルアンカー」は岩を傷つけないアンカーのことで、悠さんはクライミングや山登りをする人には、フィールドをきれいに使ってもらいたい思いも伝えています。

「この空間に来ていただいたお客様とゆっくり話をしながら商品をおすすめし、一緒に遊びながら営業をしていく現在のスタイルは、まさにやりたかったことでした。今はそれができていることに、とても満足しています」(悠さん)

 店舗という枠にとらわれず、外遊びも交えながら、アウトドアのあるライフスタイルを提案している「NATURAL ANCHORS」。ここから、長野市ならではのアウトドア文化が生まれています。

DSC_1947
悠さん、晶子さん、長女の來珈(らいか)ちゃんと一緒に。
名称

NATURAL ANCHORS(ナチュラル アンカーズ)

業種

セレクトショップ

URL

http://naturalanchors.com/

住所

長野県長野市長野岩石町251-8

TEL

026-217-8512

営業時間

12:00〜18:30

定休日

不定休

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map