湯河原温泉でまちをつくる仕事しませんか?

まちづくり会社がスタッフを募集!

神奈川県の湯河原温泉で、万葉の時代から続く歴史を誇る温泉場のまちづくりプロジェクトが動き出しました。

“’‰ÍŒ´’n}Jul2017

湯河原の温泉場は、観光会館・万葉公園を起点として県道75号線沿いの北西・南東方向に宿泊施設や商店街の広がるエリアです。

このエリアは、古くから温泉街として発展し、多くの文人墨客が訪れたことでも知られていますが、今なお、藤木川・千歳川や万葉公園をはじめとする四季折々の自然風景、登録文化財の老舗旅館などの歴史的な建築物と温泉街の静穏な佇まい、点在する自家源泉を守り育ててきた湯河原ならではの温泉文化など、豊かな自然と歴史的な資源に溢れています。

‰·òêƒCƒ[ƒWŽÊ^

プロジェクトでは、これらの地域資源を活かし「エリアとしての魅力」を高め、歩いて楽しい場所を創造し発信していくための戦略を検討しています。

具体的には

・温泉場の観光の拠点となる万葉公園・観光会館などの公共施設の再整備・活用

・周辺の空き家・空き店舗の再生・活用

・温泉場情緒が感じられる回遊性歩道など、街路空間の修景整備

・温泉場情緒をゆったり味わうことのできるイベントの開催

・WEB・SNS等を通じた温泉場の魅力の発信

などの取組みを計画しており、本年6月1日にその推進主体となるまちづくり会社「株式会社 癒し場へ」を設立しました。

一方、温泉場の中央にありながら長年閉鎖されてきた老舗旅館「富士屋旅館」では、現在、横浜銀行と地域経済活性化支援機構(以下「REVIC」)により設立された「かながわ観光活性化ファンド」により旅館再生事業が行われています。

また、本事業の開始に併せて、本年3月、湯河原町、湯河原温泉まちづくり協議会、横浜銀行、REVIC、及び一般社団法人ノオト(以下「ノオト」)の五者による「湯河原町の歴史的資源を活用した地域活性化に向けた連携協定」も締結されました。

http://www.revic.co.jp/pdf/news/2017/170321newsrelease.pdf

まちづくり会社「株式会社 癒し場へ」では、この連携協定に基づく支援を受け、REVICとノオトのスタッフによる運営サポートが行われています。

今後、私たち「癒し場へ」は、地域の様々なステークホルダーと連携・協力しながら、湯河原温泉ならではの魅力を活かしたまちづくりを進めていきたいと考えています。

本プロジェクトにご関心のある方のご応募をお待ちしています。問い合わせ・ご応募はお気軽にどうぞ。
下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

社名/屋号

株式会社 癒し場へ

募集職種

まちづくり推進スタッフ

雇用/契約形態

業務委託(本人希望により、今後正社員雇用の可能性も有)

給与/報酬

応相談(業務内容に応じて相談)

仕事内容

湯河原温泉のまちづくり推進に関わる各種業務(空き家・空き店舗の活用支援、公共施設の活用に関するコンサルティング、地域の魅力発信 など)

勤務地

神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566

応相談(湯河原ないし東京近郊での会議・調査への参加以外は、リモートワーク可)

勤務時間

応相談

求める人物像

湯河原温泉のまちづくりに興味がある方、または、地域資源を活かしたまちづくりに興味がある方で、自分をさらに高め たいという意志をお持ちの方。

選考プロセス

下記のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

備考

求めるスキル:PCスキル(Word, Excel, PowerPoint

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。

map