reallocal » 神戸・灘の地元コミュニティーと暮らす宿 神戸
神戸・灘の地元コミュニティーと暮らす宿

ゲストハウス萬家(MAYA)

三宮・元町界隈とは明らかに違う空気感で、今まさに形成されつつある阪急灘高架下エリア。 

今回は、最近この界隈にオープンしたゲストハウス萬家(MAYA)を紹介します。 

灘高架下の広場的三角地帯

灘高架下エリアの東端・阪急電鉄王子公園駅から三宮方向へ徒歩約4分。 

ゲストハウス萬家は、以前real localでも紹介した家具工房・Magical Furnitureと、TEAMクラプトンのベースキャンプとの間にある。

阪急電鉄王子公園駅から西へ徒歩約4分。ゲストハウス萬家はMagical FurnitureとTEAMクラプトンベースキャンプの間にある。(©️google map)
阪急電鉄王子公園駅から西へ徒歩約4分。ゲストハウス萬家はMagical FurnitureとTEAMクラプトンベースキャンプの間にある。(©︎google map)
灘高架下に生まれたトライアングルゾーン。左手前がMagical Furniture、正面がゲストハウス萬家、右手前がTEAMクラプトンのベースキャンプ。
灘高架下に生まれたトライアングルゾーン。左手前がMagical Furniture、正面がゲストハウス萬家、右手前がTEAMクラプトンのベースキャンプ。

ちょうど三角形を作るような配置になっていて、萬家ができたことで中心に広場の様な空間が生まれたのが面白い。ゆったりとした空気が流れる路地裏感に、Magical FurnitureTEAMクラプトンが醸し出すクラフト感があいまって、このトライアングルゾーンの雰囲気は実に高架下的。 

萬家に泊まれば、間違いなく灘高架下の空気感を満喫することができるだろう。 

多文化を尊重しあえる社会を作りたい

オーナーの朴徹雄/パク・チョルンさん(左)と、マネージャーの今津歩さん(右)
オーナーの朴徹雄/パク・チョルンさん(左)と、マネージャーの今津歩さん(右)

萬家を切り盛りするのは、オーナーの朴徹雄(パク・チョルン)さんと、マネージャーの今津歩(通称ボブ)さん。 

ふたりが出会ったのは2年前、東京にあるゲストハウス品川宿でのこと。当時、脱サラをして住み込み修行をしていた朴さんが、ボブさんのチェックインを受け付けたそうだ。その後、ボブさんも朴さんと入れ替わるかたちで品川宿で修行を始めた。 

朴さんは半年間の修行後、ゲストハウスを始めるべく神戸へ。神戸は奥さんの地元であり、韓国・ソウル出身の朴さんにとっては第二の故郷とも言える土地だった。 

学生時代に日韓学生交流会の学生会長を約10年間務めた経験から、「多文化を尊重しあえる社会を作りたい」と考えていた朴さんは、神戸の中でも「旅行者が日本人と交流できる、日本人コミュニティーがある場所を探した」そうだ。そこで白羽の矢を立てたのが、神戸でも指折りの活気を誇る水道筋商店街界隈。 

物件探しは難航し、理想の場所を見つけるのに2年かかった。しかし、その間に朴さんは「地元の人になろう」と考えて、水道筋商店街に通い喫茶店で働いたり、商店街のボランティアに参加することで、すっかり地元住民コミュニティーの一員になっていたと言う。当時は悩んだそうだが、「必要な時間だった」と朴さんは振り返った。 

336人と作ったみんなの宿

オープニングパーティではたくさんの人がゲストハウス萬家の門出を祝った。/ 写真提供:ゲストハウス萬家
オープニングパーティではたくさんの人がゲストハウス萬家の門出を祝った。/ 写真提供:ゲストハウス萬家
ゲストハウス萬家の設計施工を担当したTEAMクラプトンと朴さん(中央・右)/ 写真提供:ゲストハウス萬家
ゲストハウス萬家の設計施工を担当したTEAMクラプトンと朴さん(中央・右)/ 写真提供:ゲストハウス萬家

朴さんがようやく見つけたこの場所は、もともと地元で愛された診療所の跡地。この地域に惚れ込んで、元の診療所と同じ様に、ローカルで愛される存在となるために、施工時にはTEAMクラプトンと一緒に近隣住民や子供たちが遊び感覚で手伝えるワークショップを毎週開催。最終的にはなんと総勢336人で萬家を作った計算になると言うから驚きだ。 

20177月のオープン時からすでに地元コミュニティーの一員となっている萬家は、地元とのつながりを活かしたイベントも魅力的だ。そのひとつが、水道筋商店街の知り合いの店を朴さんと巡る“ゲストハウス的つまみ食いツアー*”。朴さんと一緒に地元民のように商店街を歩き、68ヶ所ほどお店を巡りながらローカルフードを満喫できる。 

* 水道筋商店街で毎月1回開催されている“つまみ食いツアー”が原型 

ローカルを楽しみたい旅行者は、ぜひゲストハウス萬家を滞在拠点に選んで欲しい。朴さんやボブさんを通して、萬家のコンセプトでもある“神戸のふつう(リアルローカル)”を体感できるはずだ。また、ゲストでなくてもローカルの店を紹介したり、地域を楽しむための情報を聞くことができるので、近くを通る時に立ち寄ってみるだけでも楽しいはずだ。

1Fはローカル情報が手にはいるインフォメーションセンターとしての役割を果たしている/ 写真提供:ゲストハウス萬家
1Fはローカル情報を提供するインフォメーションセンターとしての役割を果たしている/ 写真提供:ゲストハウス萬家
_Q3A6039
1F共有スペースのベンチ上部に設置されているスピーカーは、Magical Furniture製/ 写真提供:ゲストハウス萬家
DSC_1119
ドミトリーは1泊¥3,300〜(女性専用は1泊¥3,500〜)/ 写真提供:ゲストハウス萬家
DSC_1091
シングルは1泊¥4,900〜/ 写真提供:ゲストハウス萬家

関連記事:【エリアガイド】春日野道〜王子公園

関連記事:東京を通過しない世代の働き方/TEAMクラプトン

関連記事:自分だけの家具、ここだけの神戸/Magical Furniture

関連記事:灘を愛する仕掛け人/慈憲一さん

名称

ゲストハウス萬家

業種

ゲストハウス

URL

http://kobemaya.com

住所

兵庫県神戸市灘区城内通4丁目4-10

TEL

090-9856-8280

営業時間

チェックイン16:00-22:00 / チェックアウト 10:30

アクセス

阪急電鉄王子公園駅から徒歩約4分、JR灘駅から徒歩約5分、阪神電鉄岩屋駅から徒歩約9

料金

シングル ¥4,900 / ツイン・トリプル・クワッド ¥4,500 / ダブル ¥4,300 / 混合ドミトリー ¥3,300 / 女性専用ドミトリー ¥3,500~(値段は全て11泊の代金)

備考

お申し込みはゲストハウス萬家に直接ご連絡ください。real localからはお申し込みいただけません。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。