カラフルな糸から生まれるもの

ニット作家・田尾寛子さん(後編)

田尾さんの山形暮らし、独立までのストーリーを紹介した前編。後編は、田尾さんのブランド〈KOU〉についてうかがいます。

ニットブランド〈KOU〉の田尾寛子さん
ニットブランド〈KOU〉の田尾寛子さん

田尾さん:〈KOU〉では、ニット作品を発表しています。

作品はすべて手編みです。手編みはいろんな種類の糸を組み合わせられて自由度が高い。そして、無限にやり続けられるくらい、手編みが好きなんです。

2016年に山形で偶然に再会した専門学校の同級生と一緒に〈KOU〉を立ち上げました。事情があって、いまはわたしひとりで活動していますが、ブランドの名前をつけたのはパートナーです。

ある日、二人で辞書をみていたら、「こう」という言葉には、「幸」「香」「光」など、魅力的な漢字が多いことに気づきました。

わたしたちのブランドを通じて、たくさんの「こう」をつくっていけたら、みんなが身につけて明るい気持ちになってもらえたら、という願いを込めています。

〈KOU〉のロゴマーク。縁起がよさそうなシルエット。何気なく手元のレースを見たら、すごくきれいにまとまったカタチで、それがそのままロゴマークになった
〈KOU〉のロゴマーク。縁起がよさそうなシルエット。何気なく手元のレースを見たら、すごくきれいにまとまったカタチで、それがそのままロゴマークになった

〈KOU〉では、糸やボタン、布などの素材集めがキモとなります。山形のニットメーカーや手芸屋から仕入れたり、同業の仲間から譲り受けたり。山形は繊維業が盛んで、特に糸が豊富なので、素材集めには苦労しません。

アンティークのミシン台が、自宅でのメインの作業場
アンティークのミシン台が、自宅でのメインの作業場

糸を目の前にずらっと並べて、色の組み合わせをみて、なにをつくろうか構想するのが一番楽しい時間です。カラフルな糸に囲まれているだけで気分があがって、素材から作品のイメージがわいてきます。

ニットといえば、紺やグレーなど、落ち着いた色のイメージが先行しているかもしれません。でも、実はこんなにカラフルで、いろんな素材があってモードにもカジュアルにもできるんです。

ピアスとコーム。コームは髪を結んで差し込むだけの便利なアイテム。髪の毛に馴染むので、単体で見るより目立ちすぎず、ナチュラルなアクセントになる
ピアスとコーム。コームは髪を結んで差し込むだけの便利なアイテム。髪の毛に馴染むので、単体で見るより目立ちすぎず、ナチュラルなアクセントになる

〈KOU〉のラインナップは、バッグ、ヘアアクセサリ、ラグが中心です。不定期にワークショップを開催することもあります。簡単なコースターを制作して、自分でつくる達成感や、手編みの楽しさを共有したいと思っています。

アイテムはすべて一点物で、シンプルなもの、装飾的なもの、どちらも大切にしています。カラフルだと子どもにも喜んでもらえるので、キッズアイテムも増やしていきたいですね。受注生産することもありますよ。

東京のギャラリーや美容室でも販売口があり、今後も全国に少しづつ広げていけたらと思います。ゆくゆくはオンラインショップも立ち上げる予定です。

このラグの素材はTシャツ。Tシャツの業者が端くれを糸にして卸している。伸縮性があり、丈夫な仕上り。カラフルな色合いは田尾さんの明るい性格を表しているよう
このラグの素材はTシャツ。Tシャツの業者が端くれを糸にして卸している。伸縮性があり、丈夫な仕上り。カラフルな色合いは田尾さんの明るい性格を表しているよう

現在、アトリエ兼ショップのオープンに向けて動いています。

いま作業場として使っている小屋を改装して、夏には展示と販売スペース、工房を主体とした場所をつくれたらと思っています。

30代の女性が新品の服と合わせて着れるような、品のいい古着やバッグ、そして自分の作品を販売して、週末にはワークショップも企画する予定です。子連れでも来てもらえるように、小さなキッズスペースも設けたいです。

ニットやファッションに興味がある人が、ゆるく集まれる場所をつくっていきたいですね。

*****

お客さんと対話しながら、マイペースにものづくりすること。田尾さんは「山形だから実現できた」と話します。

〈KOU〉の新拠点、そしてそこから生まれるアイテムに出会えることが、これから楽しみです。

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。