山形が誇るキャバレー「白ばら」を守りたい

歌手の白崎映美さん

山形県酒田市に残るグランドキャバレー「白ばら」。

かつては大人の社交場として100人を超えるホステスの方が在籍し、連日連夜賑わっていたその場所が、存続の危機に瀕しているのをご存知でしたか?

歌手の白崎映美さん
歌手の白崎映美さん

音楽集団・上々颱風のメンバーでもあり、歌手の白崎映美さんは酒田市生まれ。

地元の伝説の場所「白ばら」を残すため、クラウドファンディングに挑戦中です。

>>クラウドファンディングの詳細はこちら

白崎映美さんは「白ばら」との出会いをこう語ってくれました。

「初めて足を踏み入れた時、もうびっくりしてしまって。『ああ、失敗したちゃ~、自分の地元さこんないいどごあったんだ。気がつがねがった~!』って」

昭和の香りが残るグランドキャバレー「白ばら」の看板
昭和の香りが残るグランドキャバレー「白ばら」の看板

ビロード貼りの椅子が並び、その間を埋めるように椰子の木が生い茂り、くすんだ電球をたたえたシャンデリアが鎮座している「白ばら」の様子は、そこで囁かれてきた言葉や交わしたお酒の香りすら、まだ感じられるよう。

shirobara4

しかしそんな「白ばら」は、たくさんの人に惜しまれながらも、経営難から一度は閉店してしまいます。

そこで立ち上がったのが白崎さん率いる「白ばら」を愛する山形の仲間達でした。

一度閉店してしまった挙句、消防法などに阻まれてなかなか営業再開ができない「白ばら」をもう一度盛り上げようと、一夜限りのナイトショーが行われ、クラウドファンディングも立ち上がりました。

shirobara2

 
復活した「白ばら」で、みんなで乾杯する夜を夢見て

クラウドファンディング「東北の地に残る昭和の大衆文化遺産を守る。グランドキャバレー『白ばら』再生物語」プロジェクトは、6月29日いっぱいまで支援を募っています。

ここにきて200万円近くの支援が集まり、山形だけではなく、全国に「白ばら」を応援する輪が広がっているようです。

「いいことも、悪いことも、たくさんのことがここで行われてきたんだろうなぁって」

白崎さんが目を細めて語るそんな魅惑の「白ばら」。話を聞いているだけでも、「あぁ、いつか行ってみたい」とため息が出てしまいそう。

続々と集まる支援を眺めて、白崎さんもとても嬉しそうです。

「嬉しちゃ~、支援してくださったみなさんにお礼を言いたいです。そして、白ばらで全員で乾杯しっでちゃ~」

「白ばら」を知っているひとも知らない人も、ちょっとした支援で「白ばら」応援の輪に入ってみるのもいいかもしれません。

 
クラウドファンディング「東北の地に残る昭和の大衆文化遺産を守る。グランドキャバレー『白ばら』再生物語」プロジェクト

追記: 2017年6月29日23:59に本プロジェクトは終了し、無事に目標金額を達成いたしました!

執筆・出川 光

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。