箱山ふとん店 箱山正一さん

老舗の4代目だからできる町のこと

「僕の存在意義。それは西之門町で生まれ育ったことに尽きます。若い世代が何か新しいことを始めるときや空き物件を探すときでも、『しょうちゃんが一緒に行ってくれると話が早い』って言ってもらえるんです」

そう語るのは、長野市善光寺の門前町、西之門町の寝具店「箱山ふとん店」4代目の箱山正一さん。創業100年を超え、この町で商売を続けている。西之門町は門前町と言っても、南北100mほどの小さな町。酒蔵や洋傘屋などの商店があり、西山(鬼無里や戸隠、小川村など長野市北西部の中山間地域)から山の幸の行商に来たひとが買い物をした場所でもありました。

P8070015

創業100年を超える「箱山ふとん店」の店先にて。店先には綿の花の鉢植えも。「地元産の綿を使いたいなと畑で栽培もしているんです」と箱山さん。地元密着の寝具店です。
創業100年を超える「箱山ふとん店」の店先にて。店先には綿の花の鉢植えも。「地元産の綿を使いたいなと畑で栽培もしているんです」と箱山さん。地元密着の寝具店です。

 

現在箱山さんは家業を営みながら、4~11月の第2土曜に開催される手作り市「善光寺びんずる市」の実行委員として活動しています。この善光寺界隈は、古い物件のリノベーションにより新しい商いが興っており、こまつやにナノグラフィカなど度々このreal localでも取り上げています。そういった界隈からも挙がる「しょうちゃん」の名前。布団屋の若旦那と、移住者と、古くて新しい町。それらを繋ぐストーリーはどこにあったのでしょうか?

善光寺の境内で開催される「善光寺びんずる市」。どっしりとした山門の前で開かれている。おびんずるさんとは、善光寺の賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)。患部と同じところを撫でると病気が良くなるとの言い伝えがあり。そのお顔はつるつるに。
善光寺の境内で開催される「善光寺びんずる市」。どっしりとした山門の前で開かれている。おびんずるさんとは、善光寺の賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)。患部と同じところを撫でると病気が良くなるとの言い伝えがあり。そのお顔はつるつるに。

 

「大学入学で上京して就職。結婚を機に地元で飲食業をしようと思ってたんですよ。それで『小布施堂』に修業を兼ねて就職しました。小布施には葛飾北斎の作品が残されているんですが、これは北斎に部屋を与えてもてなしていたからです。田舎町なのに、外から来た人を迎える懐の広さがある。社長の市村次夫さんは会社の利益にならないことでも取り組み、町の魅力を高めていました。小布施堂で働いた4年間はとても素晴らしい経験でした」

箱山さんが影響を受けた小布施町は、1980年代に行った「町並み修景事業」でも知られており、アメリカ人のセーラ・マリ・カミングスさんなどによる「小布施見にマラソン」「小布施ッション」などの地域活動が注目されていました。

2009年に西之門町に戻った箱山さんは、飲食業ではなく家業を継ぎ、青年部で空きガレージなどを活用して手作りの品を販売する「西の門市」を始めました。その市に買い物に来ていた善光寺の宿坊のご住職から「おびんずるさんの誕生300年を機に、境内で何か企画を始めたい」と相談が寄せられました。その縁で、2013年から「善光寺びんずる市」が、善光寺や門前町の有志で実行委員会を立ち上げるかたちで始まったのです。

元々善光寺は無宗派で、365日24時間、境内が誰に対しても開かれている稀有な寺。その昔は39ある宿坊も参拝客にお朝事までの時間を過ごしてもらう場所でした。そんな寺の背景があるからか、ご住職も出店者の荷物運びを手伝ったり、砂埃が立たないよう打ち水をしたり、心地いい気配りを自発的にされているそう。ちょうど代替わりで箱山さんと同世代のご住職が増えてきたのも、寺と門前町が新しい関わり合いを始める契機だったのかもしれません。

現在は約100〜200軒が参加し(8割はリピーター)、県外からも2割ほど出店がある市となっています。
現在は約100〜200軒が参加し(8割はリピーター)、県外からも2割ほど出店がある市となっています。
仕入れ商品ではなく手作りの品の販売が決まり。だから作り手とお客さんの会話や交流も生まれやすい。
仕入れ商品ではなく手作りの品の販売が決まり。だから作り手とお客さんの会話や交流も生まれやすい。

 

「善光寺に観光で来られる方も多いですが、観光の原点って、(企画されたイベントで集客するのではなく)地域の日々の暮らしにあると思うんです。西之門町なら、古くから善光寺とともにある暮らし。元々住んでいる人たちにはこの地域の暮らしを守ってきたという自負がある。当事者として暮らすイメージが持てれば、(移住者でも)ナノグラフィカのたまちゃんのように町に溶け込める。びんずる市がきっかけで門前周辺で店を持ちたいと相談があれば、僕も相談にのります!」

箱山さんちのしょうちゃんーー。

「それが僕の存在意義」と自ら言い切れるのは、“箱山ふとん店の4代目”という歴史ある町における絶妙な立ち位置と、この門前町で誇りを持って暮らしていくという健かな自負があるからかもしれません。

びんずる市が終わった後の反省会の様子。2列目右端が箱山さん。実行委員会、ボランティア、ご住職(坊主頭のみなさん)、みんな一緒に市を盛り上げている仲間。
びんずる市が終わった後の反省会の様子。2列目右端が箱山さん。実行委員会、ボランティア、ご住職(坊主頭のみなさん)、みんな一緒に市を盛り上げている仲間。
善光寺の盂蘭盆会(夜の法要)にあわせて、西之門町では「夕涼み会」を開かれます。スイカ割りやバンド演奏、流しそうめんなど、通りに子供たちの笑い声。これも箱山さんたちが始めた地域の行事のひとつ。
善光寺の盂蘭盆会(夜の法要)にあわせて、西之門町では「夕涼み会」を開かれます。スイカ割りやバンド演奏、流しそうめんなど、通りに子供たちの笑い声。これも箱山さんたちが始めた地域の行事のひとつ。

 

※箱山ふとん店以外の写真はすべて箱山さん提供

屋号

箱山ふとん店

URL

http://hakoyama.com/

住所

長野県長野市大字長野西之門町933‐4

備考

「善光寺びんずる市」は4~11月の第2土曜開催。時間は10~16時。小雨決行。

詳細は http://binzuru-ichi.com/

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。