reallocal » 【エリアガイド】山形市シネマ通り周辺 山形
【エリアガイド】山形市シネマ通り周辺

食と歴史とリノベーションを楽しむエリア

引っ越しや旅の参考にして下さい。「どんな街?何がある?」をコンパクトに紹介するシリーズ。こちらは山形市七日町の「シネマ通り周辺」です。

hakujuji7

その名の通り映画館にあふれていたのはもう20年以上も前のこと。今では1軒の映画館もありません。 でも、古くから山形の商業の中心的エリアであった面影がまだ残っているとともに、リノベーションによる新しい街の息吹を感じられるのがこのエリアの面白いところ。歴史を感じさせる喫茶店や飲食店や料亭や菓子店があったり、カルチャー好きが集まるギャラリーやイベントスペースがあったり。 山形駅からはバスで10分程度の「程よくまあまあのアクセス感」もいいし、エリアの広がりもゆっくりぶらつくにはちょうど良いくらい、です。


シネマ通り周辺のおすすめスポット


<カフェ&ランチ>

昔から人が集まったエリアである七日町には、懐かしく居心地の良い喫茶店が充実。かと思えば、新しくてちょっとおしゃれなお店もちゃんとありますよ。

hakujuji11
白十字の朝食

シャンソン物語(喫茶店)

山形市旅篭町2丁目2−25

七日町大通り交差点の地下にある老舗の喫茶店。アンティークの家具や外国の雑誌、品のいいティーカップ。まるでフランスのカフェにいるよう。コーヒーの種類が豊富でワッフルも人気。

白十字(喫茶店)
山形市七日町2丁目7−15

平日は朝早くから営業しており、トーストなど朝ごはんを提供している。ランチタイムのカレーのファンも多い。元旦以外は年中無休で営業しており、地元の人に長く愛される喫茶店。

BOTA Coffee(カフェ)
山形市七日町2−7−18

老舗の傘屋だった物件をリノベーションして2015年末にオープンしたコーヒーショップ。2階はイベントやポップアップショップができる多目的スペースがあり。

Tipi cafe(カフェ)
山形市七日町3丁目3−2

ランチやディナーでおいしいグリーンカレーやパスタが食べられる。コーヒー(オーロラコーヒーの豆を使用)もおいしい。明るい店内と気さくな店員さんの心地いいサービス。

Jin Coffee Shop(カフェ)
山形市旅篭町3-5-6

文翔館とセットで行きたい珈琲屋さん。店主の人柄もあり、穏やかなときが流れる空間。好きな本を持って一人で時間を過ごしたり、大切な人との会話を楽しみたい。

LUPICIA 山形七日町店(紅茶専門店)
山形市七日町2丁目7−10

季節のフレーバーティが豊富で、さくらんぼやだだちゃ豆など山形限定のお茶を購入することも。店内は天童木工の家具が使われており、お茶をいただくこともできる。

煉瓦家(喫茶店)
山形市本町2丁目4−31

七日町一番街の角地にある老舗喫茶店。クラシカルな落ち着きと、白いブラウスが似合うような知性あるかわいさが同居する店内。トースト系のメニューとスイーツがおいしい。

榮玉堂(和菓子・甘味処)
山形市旅篭町2丁目1−45

どらやきが人気の和菓子・甘味処。しっとりやわらかい生地にたっぷりの餡。ふわふわのホイップクリームが挟まったカマンベールクリームや生クリームなど、洋菓子のような種類もある。午前中に売り切れることもしばしば。

いわぶち(茶呑み処)
山形市七日町2丁目7−6

濃いお茶の味が楽しめるお茶屋さんの抹茶ソフトが人気。ほうじ茶ソフトもある。御殿堰沿いのベンチに座って食べるのがよい。

<食事>

山形といえばお蕎麦、お米、お酒、果物、野菜、牛肉ほかいろいろ。昔懐かしいホッとするような美味しさに出会えるのもこのエリアならでは、かもしれません。

花小路商店街(撮影:根岸功)
花小路商店街(撮影:根岸功)

ふくろ(おでん)
山形市七日町3丁目5−1

山形銀行本店の裏にあるおでん屋さん。だいこん、たまごなど定番の具はもちろん、しらたき、人参、椎茸などが入った具だくさんの巾着「ふくろ」がおいしい。サイドメニューも絶品。

そば処庄司屋(蕎麦)
山形市七日町2丁目7−6

七日町御殿堰にある山形老舗の蕎麦屋。モダンな明るい空間で本格的な手打ちそばを。

山田家(和菓子)
山形市本町1丁目7−30

青えんどう豆特有の風味を活かした山形の郷土菓子「ふうき豆」の専門店。ふんわりほろほろした食感で、素朴な甘さがくせになる。

千歳館(料亭)
山形市七日町4丁目9−2

山形の老舗料亭のひとつ。ややカジュアルなレストラン・素仁庵ではリーズナブルに山形の食材を楽しめる。

やま七(蕎麦)
山形市七日町3丁目3−7

山形が誇る大衆そば店。歴史を刻んでいるのがよくわかる店内の雰囲気と、そばの盛り具合が圧倒的。げそ天つきの「もり天」を頼みたい。

天国(天ぷら)
山形市七日町3丁目3−38

てんごく、ではなく「てんくに」。天ぷら専門店だが、天ぷらのみならず刺身も旨し。ランチもディナーも旨し。

チロル(洋食)
山形市七日町2丁目1−3

山形の老舗洋食店。ハンバークとかエビフライとかドリアとかパスタとか、子供の頃から大好きだったものがいっぱいメニューに並んで心が熱くなる。

やっしょまかしょ(居酒屋)
山形市七日町3丁目3−31

店主の地元・長井産の馬刺しと八戸産前沖サバの炙りが名物。店員さんの威勢がよくポジティブな空気にあふれている。

カナン(タイ・アジア)
山形市七日町3丁目3−37

パッタイ、カパオなどの定番メニューからパクチーサラダなどオリジナルな一品も。シンハービールと一緒に本格的なタイ料理を。ドリンクメニューも豊富。

メルカド(ビストロ)
山形市七日町2丁目7-36

山形の食材を使った店主オリジナルの創作料理が楽しめる。ワインの種類が豊富で好みを伝えておまかせで頼むといい。女性一人でも安心していけるお店。
 
ほっとなる横丁(屋台村)
山形市七日町2丁目1−14−6

約10店舗ほどが集まる山形七日町の屋台村。山形の食材を使った店・メニューが多く、山形の郷土料理「どんどん焼き」「芋煮」を提供するお店もある。

花小路商店街(飲屋街)
山形市七日町4丁目

かつて山形の大人たちの歓楽街として栄えた飲屋街。居酒屋、スナック、バー、小料理・料亭、焼肉、寿司など、小さな人情味溢れるお店が集まる。

きん太(焼き鳥屋)
山形市七日町2丁目3−5

気軽に楽しい焼き鳥屋。おつまみいろいろ。俵型の小さなおにぎりをベーコンで巻いた「金太巻き」が名物。

高峰(蕎麦・割烹)
山形市七日町2丁目1−25

落ち着いた個室で、山形の食材を楽しめる夕食。こだわりのお蕎麦も楽しめる。

石山商店(食堂)
山形市七日町3丁目3-43

サービス精神旺盛なお母さんが迎えてくれる、カレーが美味しいお店。一品料理やおつまみもおいしい。明るくやさしいお母さんに会いたくてつい行きたくなる。

井とし(うどん)
山形市七日町2丁目2−10

蕎麦屋ばかりの山形市内では非常に珍しい存在ともいうべき、うどん専門店。カウンターのみの潔い感じがいい。

イル コテキーノ(イタリアン)
山形市七日町4丁目1−32

自家製の生ハム・サラミ・ソーセージが見事なイタリアンレストラン。サラダも旨い、肉も旨い、パスタも旨い。店はいつもギュウギュウなので予約必須。

品川家(蕎麦)
山形市旅篭町2丁目1−26

山形市役所裏にある老舗そば店。もり天から納豆きしめんから「しっぽこ」そして中華そばまで様々なメニューが並ぶ。

十一屋(レストラン・喫茶)
山形市七日町1丁目4−32

山形に複数店舗を展開する老舗お菓子屋の本店で、外観も内装もレトロ。1階の菓子店では和菓子・洋菓子を幅広く扱う。2階では洋食メニューとパフェなど季節のデザートが味わえる。

山形市役所食堂
山形市旅篭町2丁目3−25

街に開かれた山形市役所の食堂。定食から麺類まで豊富なメニューが手頃な値段で食べられる。12時前後は市役所の市役所員や近郊で働くビジネスマンで混み合う。どこか懐かしいカレーが食べられる。

<カルチャー>

七日町は県庁を軸に政治や娯楽、商業や飲食など、山形における文化の中心地でした。現在では若い世代が運営するカルチャー複合施設が誕生したり、古い建物をリノベーションした店舗が誕生したり、新旧が混ざり合う新しい動きが見られます。

とんがりビル
とんがりビル

とんがりビル
山形市七日町2丁目7-23

4階建ての雑居ビルがリノベーションされ、食堂、ギャラリー、雑貨店、家具のショールーム、デザイン事務所やヨガスタジオ、シェアオフィスなどが集合している。

郁文堂
山形市七日町2丁目7−23

築74年の閉店していた書店が東北芸術工科大学の学生によってリノベーションされ、2017年に再オープンした。本の販売のほか、ワークショップやイベントが行われる。

御殿堰
山形市七日町2丁目−7−6

山形市内を400年間流れきた堰が市民の憩いの場としてリニューアル。飲食店や小売店など老舗とモダンの店が堰に沿って並び、山形の歴史や伝統文化を発信している。

gura
山形市旅篭町2丁目-1-41

2018年3月にオープンする山形の新しい文化複合施設。土蔵1つと石蔵2つが並び、レストラン、クラフトストア、貸しホール、その前には多目的広場ができる。

<ショップ>

昔懐かしい商店が今も残る七日町エリア。郊外にできた大手チェーンにも負けず、地元に根付き生き生きと商売を続ける力強さが感じられます。

尚美堂
山形市七日町2-7-18

焼物、こけし、おもちゃ、置物などなど。山形の職人の技が光る伝統工芸品をはじめ様々な山形土産を買うことができる。

大沼
山形市七日町1-2-30

山形唯一のローカル百貨店。地下食品街では地元の地酒や野菜、肉などのローカル食材を入手できるほか、「両国屋」の串たこ焼きがオススメ。

川井スポーツ
山形市七日町2-7-21

1931年創業、シネマ通りにある山形ローカルのスポーツ店。スポーツ用品の販売から、公園遊具の販売、蔵王スキーハウス運営まで、地元に根付いた事業を展開している。

WEEKENDERS
山形市七日町2-5-9

まるで目立たない小さな路地にひっそりと佇む、静かで小さな雑貨店。皿やコーヒーカップといった食器類をはじめかわいいものたちが多数揃っている。

餅の星野屋
山形市旅篭町1丁目3−8

大福、団子、お餅などをお持ち帰りすることも、店内で食べることができるお餅の専門店。大粒の黒豆が入った「黒豆大福」は絶品。

chotto futto
山形市七日町3-2-8

耳鼻咽喉科「多田医院」の看板もそのままに、リノベーションして生まれ変わったばかりのまちの雑貨店。昔ながらの病院の雰囲気が残る店内をじっくり楽しみたい。

汽水域
山形市七日町 2-6-13

1階には金工職人である店主の作品や、その他の作家によるアクセサリー、セレクトした日用雑貨が並び、2階のアトリエスペースでは、ワークショップが行われる。

群言堂
山形市七日町2-7-6 御殿堰奥の蔵

ショップ営業とイベント&ワークショップのふたつの営業形態をもち、新月〜満月〜新月までの約2週間のサイクルで切り替わる。リノベーションした蔵の店舗も見所。

 

<建造物>

七日町を歩いていれば、歴史的な建造物や大きな文化施設にも出会うことができます。

文翔館
文翔館

文翔館
山形市旅篭町3-4-51

「文翔館」は大正時代のユニークな建造物で、一般の方も見学可能。山形ビエンナーレや各種コンサートにも利用され、県民に広く親しまれている。

遊学館
山形市緑町1-2-36

1990年に建てられた、山形県立図書館と山形県生涯学習センターと山形県男女共同参画センターとがひとつになった複合施設。カルチャーイベントなども開催されている。

七日町二郵便局 
山形市七日町2-7-20

大正14年竣工、元々は「丁字屋」という洋品店として建てられた洋館とのこと。とてもレトロな雰囲気の郵便局となっており、ぜひここからハガキを出したい感じ。

<本屋・文具店>

歴史あるローカルな本屋があるのも七日町エリアの魅力的なところ。ぶらつきながら立ち読みしたい。

ふみや書店
山形市七日町2-1−40

まちの小さな本屋でありながら、建築やデザインそしてカルチャー系の本の品揃えがいい、というのが特長。東北芸工大の先生の著作も数多く揃っている。

八文字屋書店
山形市本町2-4-11

山形の本屋といえばココ、というくらいずっと昔から山形市民にとっては馴染みの深いローカル書店。

文具の島くまがい
山形市相生町6-44

歩き回るのが楽しいくらい、文房具の品揃えが素晴らしいまちの文具店。

紙月書房
山形市六日町7-53

こじんまりとしたかわいい古本喫茶店。店内スペースから察するに蔵書数は多くはなさそうだが、独特の居心地の良さがある。

 


七日町エリアの物件


 

山形R不動産 > 物件検索 > フリーワード「七日町」で、七日町エリアの物件が探せます。

>> こちらをクリック <<

問い合わせフォーム

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
内容・自己紹介など(必須)
画像認証
captcha
(画像内の文字列を入力してください)

※入力された情報を保護する為、SSL暗号化通信を採用しています。